電気グルーヴはやっぱり最高!

日本の音楽家で古今東西唯一「どうしても聴きたくなる」ことがあるのが電気グルーヴ。いい曲はトコトンいい。くだらない曲はトコトンくだらない。思いっきり賢くて、死ぬほどバカでもある。

何より、いい曲の中にも必ずどこかにキラリと光るバカがあるのが安心できる。

「人生」時代のコアなアルバムを持っているけど、闇鍋みたいな代物で、ぶっ通しで聴くのは正直しんどい。我慢大会みたいなものだ。嫌いな人からすればゴミでしかない。

電気グルーヴになって、フラッシュパパ、UFO、カラテカでバカを続けて、ビタミン、ドラゴン、オレンジ、エースでちょっとキレイに仕上げすぎて、まりん脱退後のVOXXXでキレイとバカをトコトン混在させる。

なんかそのまま人生みたいですね。